《弁護士松沼和弘の実績(令和4年1月時点)》

・TV等で報道された常磐道あおり運転事件で執行猶予付き判決を獲得

殺人事件(裁判員裁判)で執行猶予付き判決を獲得

現住建造物放火事件執行猶予付き判決を獲得(裁判員裁判で1件、

裁判員裁判導入前の裁判で1件)

強盗致傷事件(裁判員裁判)で執行猶予付き判決を獲得

強制わいせつ致傷事件を2件犯した事件(裁判員裁判)で執行猶予付き判決を獲得

大麻草1000本以上を栽培した事件執行猶予付き判決を獲得

会社ぐるみで犯した詐欺事件(被害額合計約2900万円)で、共犯者中唯一の執行猶予付き判決を獲得

強盗致傷事件で示談を成立させた結果、略式命令による罰金刑を獲得

・放火事件、詐欺事件、盗撮事件、ストーカー事件その他多数の事件不起訴処分を獲得

弁護士費用

 

  • 弁護士費用についてのご説明
    弁護士費用には、次のような費用がかかります。
    項 目 内 容
    法律相談料 法律相談を行った場合に頂くお金です。
    着手金 正式に刑事事件の依頼を受けた時に頂くお金です。
    弁護活動に着手することに対する対価ですので、結果に関わらず
    頂くことになります。
    報酬金 弁護活動の結果が成功に終わった場合に頂くお金です。
    刑事事件の性質や難易度などによって金額が異なります。
    実費・日当 実費は切手代や印紙代など、必要経費で実際に要した費用です。
    日当は遠方の裁判所に出頭するなど、出張を伴う場合の費用です。

 

  • 法律相談料
    項 目 金  額    
    法律相談料 30分 5,500円 
    以降30分毎に5,500円加算


  • 着手金
    項 目 金 額
    着手金 33万0,000円

    事件の性質や難易度に関わらず着手金は一律になっております。



  • 報酬金
    内 容 結 果 金 額
    捜査段階
    (起訴前)
    不起訴処分となった場合 33万0,000円
    略式請求(罰金等)となった場合 33万0,000円
    公判段階
    (起訴後)
    執行猶予となった場合 33万0,000円
    求刑より減軽された場合 33万0,000円
    無罪となった場合 88万0,000円
    ※但し、事件の重大性、困難性によっては増額になる場合がございます。


  • 保釈・勾留の執行停止等
    項 目 金 額
    着手金 11万0,000円
      報酬金 11万0,000円
    保釈や勾留の執行停止を行う場合に、別途頂きます。

  • 実費・日当

 実費につきましては、ご負担頂く場合がございます。

 日当につきましては、基本的には頂かないことにしております(但し、裁判所・留置場所が

 遠方である等の場合は、ご相談の上、決定させて頂きます。)。

▲このページのトップに戻る